Blog

ブログ更新情報


2018

第66回関東学生剣道優勝大会

第66回関東学生剣道優勝大会

 

 去る9月10日日曜日、日本武道館にて第66回関東学生剣道優勝大会が開催されました。全日本大会への切符をかけた今大会に向け、本学は日々稽古に励んで参りました。

 初戦、本学はシードだった為、2回戦からの試合となりました。2回戦、麗澤大学との試合では、先鋒齋藤選手(1年)が積極的な攻めをみせ一本勝ちを収め、チームの流れをつくりました。次鋒中野選手(1年)が粘り強い剣道を展開して引き分けで繋ぎ、五将福元選手(1年)が果敢な攻めで合い面を取り一本勝ちを収めました。中堅在津選手(3年)、三将赤井選手(3年)、副将片桐選手(3年)が各選手とも気合のこもった攻めで慎重に試合を運び、引き分けが続きました。大将山田選手(3年)は本学の勝利が決まっていましたが、積極的な試合運びで面を取り一本勝ちを収め、初戦を突破しました。

 3回戦、早稲田大学との試合では、先鋒齋藤選手(1年)が激しい打ち合いの中で面を決めるものの、小手を返され引き分けとなり、次鋒中野選手(1年)は合い面で一本を取られ、五将福元選手(1年)は攻めたところを返し胴で返されて一本負け、中堅在津選手(3年)が攻め合いの隙を突かれて一本負けという厳しい戦いを強いられました。流れを変えるべく、三将赤井選手(3年)が序盤から技を出し一本を狙いますが、面の二本負けとなりました。ここで本学の敗退が決まったものの副将片桐選手(3年)が後ろに下がらず試合に挑むことで引き分けとなりました。大将山田選手(3年)は果敢な攻めをみせるものの面と小手を取られ二本負けとなり、敗者復活戦に臨むこととなりました。

 敗者復活1回戦、高崎経済大学との試合では、先鋒齋藤選手(1年)は試合序盤の鮮やかな面で二本勝ちを収めチームの流れをつくり、次鋒中野選手(1年)が引き分けで繋ぎました。続く五将福元選手(1年)が落ち着いた剣道で面を決め二本勝ち、中堅在津選手(3年)が鮮やかな小手を決め、三将赤井選手(3年)も流れに乗り小手を取り一本勝ちを収め、三将で勝負が決まり、本学の勝利となりました。

 敗者復活2回戦、清和大学との試合では、全日本出場を懸けた争いとなり、先鋒齋藤選手(1年)、次鋒中野選手(1年)が引き分けで繋ぐものの、五将福元選手(1年)が攻められ続けて面と小手を取られ二本負けとなり、中堅在津選手(3年)は取り返すため果敢に攻めますが面を二本取られて、三将赤井選手(3年)が粘り強く戦いましたが面の二本負けとなり、三将で勝負が決まってしまったため、本学の敗退となりました。

 今大会は、全日本大会出場を目指して部が一丸となり、各選手が気合を入れて試合に臨みましたが、あと一歩のところで全日本大会への切符を逃すという悔しい結果となりました。この試合結果と悔しさを糧に、日々の稽古に精進していく所存でございますので、今後も御指導、御鞭撻の程、宜しくお願い致します。

 

記入者  福元 健吾

 

 

 

 

 

 

【男子団体戦】

 

二回戦

3(4)           0(1)

青山学院大学          麗澤大学

 

斎藤    メ —      杉浦

 

中野    メ × メ    國井

 

福元    メ —      小林

 

在津      ×      加藤

 

赤井      ×      栗田

 

片桐      ×      星谷

 

山田    メ —      小川

 

 

 

 

 

三回戦

0(1)           5(8)

青山学院大学          早稲田大学

 

斎藤    メ × コ    山本

 

中野      — メ    藤田

 

福元      — ド    中嶋

 

在津      — メ    安井

 

赤井      — メメ   秋山

 

 片桐       ×       勇

 

 山田      — メコ   久田松

 

 

敗者復活一回戦

4(6)           0(0)

青山学院大学          高崎経済大学

 

斎藤   メメ —      穴吹

 

中野      ×      武田

 

福元   メメ —      麩澤

 

在津    コ —      福岡

 

赤井    コ —      上山

 

 

 

敗者復活二回戦

0(0)           3(6)

青山学院大学          清和大学

 

斎藤      ×      田畑

 

中野      ×      荒巻

 

福元      — コメ   長尾

 

在津      — メメ   永田

 

赤井      — メメ   野田

 

 

コメント
名前

内容