Blog

ブログ更新情報


2017

第68回東北学院大学総合定期戦(女子)

第68回東北学院大学総合定期戦(女子)


去る6月10日土曜日、東北学院大学土樋キャンパスにて第68回東北学院大学総合定期戦が開催されました。女子は14名による団体戦であり、今大会に向け日々稽古に励んで参りました。

先鋒榎本選手(1年)は流れを掴むべく果敢に攻め込み得意の面で一本勝ちを収めました。次鋒藤野選手(2年)は惜しい技が沢山あったものの、一本にしきれず引き分けに終わりました。榎本選手(1年)は一試合目の勢いをそのままに、上段に対して引き胴、続けざまに出小手を決め、二本勝ちを収めました。渡邊選手(1年)は後ろに繋ぐべく果敢に攻め込みますが二本負けで試合を終えました。須田選手(2年)は落ち着きのある試合運びで引き分けに終わります。中里選手(2年)は粘り強く攻め込みますが二本負けで試合を終えました。渡邉選手(2年)は落ち着きのある試合運びで、二本続けて面、胴と取り二本勝ちを収めました。中島選手(2年)は試合序盤で一本取られ、その後も果敢に攻め込み一本取返しましたが、試合は二本負けとなりました。野老選手(1年)は後ろに繋ぐべく技を出しますが、一本負けで試合を終えました。渡邉選手(2年)は一試合目同様、落ち着きのある試合で一本取りますが、試合終盤で一本取り返されてしまい、引き分けに終わりました。深町選手(3年)は惜しい技が沢山あったものの一本にならず、一本負けで試合を終えました。野老選手(1年)は一試合目の反省を生かし果敢に攻め込み一本を取りますが、終盤で一本取られてしまい、引き分けに終わりました。副将須藤選手(3年)は確実に一本を取るべく得意技で攻めましたが一本にしきれず、結果は一本負けに終わりました。大将轟原選手(4年)は自分のペースで試合運びをし、引き分けに終わりました。

今大会は優勝を目指し、各選手がこれまでの練習の成果を発揮しようと気合を入れ大会に臨みましたが、惜しくも逃してしまうという悔しい結果となりました。この試合結果と悔しさを糧に、日々の稽古に精進していく所存でございますので、今後も御指導、御鞭撻の程、宜しくお願い致します。


記入者  野老 ひかり









3(8)            6(11)

青山学院大学        東北学院大学

榎本  メ  ―     前田


藤野     ×     西川


榎本  ドコ ―     中野


渡邊     ― メメ  大浦


 須田     ×     目々澤


中里     ― メメ  千葉


渡邉  メド ―     大澤


中島  メ  ― コメ  佐藤


野老     ―  メ  齋藤


渡邉  ド  ×  メ  小林


深町     ―  メ  千葉


野老  メ  ×  メ  高橋


須藤     ―  ド  納谷


轟原     ×     藤澤

コメント
名前

内容